デザインの幅を大きく広げたオプティカルフレーム「トニーセイム」は、守りの色から攻める色まで、新しい色表現に挑戦しています。またメガネは「フレームに溝」・「レンズに山」が一般的ですが、フレームに山・レンズに溝を作る独自技術で正面から見たときの縁を薄くしたスタイリッシュな仕上がりの『アセテートライト』シリーズが人気です。細部の機能性にこだわり、かけ心地の良さにも優れています。
 
 
 
 
 

 

  
デザインの幅を大きく広げたオプティカルフレーム「トニーセイム」は、守りの色から攻める色まで、新しい色表現に挑戦しています。またメガネは「フレームに溝」・「レンズに山」が一般的ですが、フレームに山・レンズに溝を作る独自技術で正面から見たときの縁を薄くしたスタイリッシュな仕上がりの『アセテートライト』シリーズが人気です。細部の機能性にこだわり、かけ心地の良さにも優れています。